So-net無料ブログ作成

高木美保 パニック障害を乗り越えて・・・

高木美保さんといえば、晩年になって結婚し、
都会から離れ、畑をしながらのんびりと生活している
コメンテーターとして今は有名なタレントさんです。

高木美穂.jpg

そんな高木さんがテレビの番組でパニック障害を
患ったときに、インタビューにこたえていました。



下記引用します。
************************************************
高木美保さん・パニック障害と「うつ病」をのりこえる タレントの高木美保さんのうつ病体験が語られた。(NHK教育テレビ、2005年11月3日)  高木さんは、自力で治したというまれな例である。高木さんは、仕事のストレスがパニック発作、うつ病のきっかけだった。 高木さん  「電車の中でパニック発作を起こしたのが始まりでした。一度起きると、「またこの発作が起こるのではないか」と不安になっていき、それがどんどん自分の中に積み重なって、日常のすべてに不安を感じるようになってしまいました。それがうつの入り口だったのですが、当時はパニック発作ということばも聞いたことがなかったので、自分がうつだとは思ってもいませんでした。」  高木さんは、パニック障害やうつ病について知らなかった(病気)だという意識がない)ので、両親に自分のつらさを隠していたという。それで、家庭も心やすまる場所ではなくなった。 高木さん  「わたしは隠していました。・・・・、特に父に対して「期待に応えなければいけない」というものをずっと持っていたんです。応えると親は喜ぶじゃないですか。でも、応えられなかったら、親の失望の顔を見てしまうわけですよね。子どもにとって親から理解されないということは、親が思う以上にすごくつらいことだったりします。そうすると、ほんとうは一番羽を休められる場所であるはずの家庭が、一番居づらくなってきます。」  高木さんは、大分、無理して(これは、他の人にはすすめられない。家族や近い人に支援を求めたほうがよい)、一人でうつを乗り越えていった。うつ病は、自己、環境、将来を否定するといわれるが、高木さんも、将来を悲観した。パニック障害や「うつ病」だという意識があれば、しかるべき治療を受けただろうが、当時、高木さんは、ご存知なかった。今でも、うつ病、パニック障害になった時、自分が、それだとすぐ自覚できる人は少ない。だから、無理して、長引き、自殺することも多い。 高木さん  「今、収入がなくなったら、この先、暮らしていけない」と、今の自分よりも、未来の自分のほうが心配なんですよ。ほんとうは、今、無理をしたら、今、生きていけないのに。うつの状態に陥る人というのは、ある意味、きまじめで心配性なんですよね。「このまま家にこもっていたら、だめになってしまう」と思って、無理して外に出て、ストレスを受けてよけい精神的にだめになってしまう……という悪循環を繰り返したこともありました。」  高木さんは、自力で気がついた。考え方を変えることができた。 高木さん  「ところが、ある日、気がついたんです。「先のことを心配するほど、わたしは強くない」と。だから、「先のことは心配しない」って決めたんです。「今を心配しよう」と。それが小さな前進でした。」  (こういうふうに、ご自分で、気がつくという柔軟心を高木さんは、もっておられたから、心の転換ができた。しかし、多くの人は、それが難しい。こういうことも、カウンセリングを受けると、助言されるから、カウンセリングを受けるのが早道である。) 「高木さんの転機は?」というアナウンサーの問いに。 高木さん  「わたしは女優をやっていたのですが、せりふがものすごく負担だったんです。いい台本で、ストーリーもすばらしいんですけれど、「わたしはこういう人じゃない」という違和感、どうしても埋められない溝みたいなものがあって、それがどんどん広がっていってしまったんです。それで、ドラマの後半のころには、小さな鳥かごに押し込められるような気持で演じていました。」  こういう、自分の仕事や環境についての、思うようにいかないという心理(自分、環境、将来の否定)状況が、うつ病を起こし、維持する。だから、コントロール不能という心理状況を変えないと治らないのだが・・・。高木さんは、ご自分で、考え方を変えることができた。  「でもある日、気づいたんです。「わたしは女優に向いていない」と。「向いていないんだったら、体も疲れていることだし、やめてみよう」と。将来を心配するより、今の自分を心配しなきゃと思っていたので、自分以外の誰かになることをやめたら、自然と自分が戻ってきました。女優もやめて、親の期待にも応えていないかもしれない。病気にもなって中途半端かもしれないけれど、わたしはわたしになりました。  そうしたら、自分を肯定できて、自分が世界一好きになりました。誰にどう思われているとか、誰かにこうしてあげたいとかということは飛び越えてしまって、「誰が何と思ってもいいもん」というくらいになったんです。わたしのことを嫌いな人だっているでしょう。わたしだって申し訳ないけれど、嫌いな人はいますから、みたいなね。」 **************************************  自分の状況の困難さ、自分そのものの否定を克服して、何とか、きりぬけていけるという意識ができた時に、うつ病は治る。高木さんは、こうして、自力で克服したが、一般的には、自力だと、違う見かたに転換しないままで、かえって「がんばる」が、不本意な状況(心理)は変わらないので、うつ症状を長引かせてしまう人もいるから、早い段階で、家族やカウンセラーの支援を受けた方がいいでしょう。うつ病になると、判断力が変わっている上に、それまでの長い間の思考傾向が関係しているので、なかなか自力で治すことはむつかしい。 パニック発作について  高木さんは、パニック発作がうつ病の入り口だったという。パニック発作も、ストレスや過労をきかっけとして起きる。セロトニン神経が弱まっている人が多い。そういう状況であったから、電車の中で、発作が起きたのだろう。  発作を苦にして、外出を避けたり、種々の場所に行くことができなくなり、生活が阻害されると「パニック障害」となる。パニック障害になると、うつ病を併発することが多い。パニック障害になると、予期不安が大きいし、仕事などに支障が出て、苦悩するから、うつ病にもなる人が多い。
************************************************
引用元:e高木美保さんうつ病、パニック障害克服




パニック障害は、自力で克服するのは非常に困難です。

高木さんの場合であれば、自分で原因を見つけて
それに対応し解決できたというのは並大抵のことではありません。

しかし、方法や改善までの道筋がわかっていれば、
病院に通うことなく、自宅でもパニック障害を克服することも可能なようです。

高木さんのように、芸能人はパニック障害やうつに
なる方がとても多いですが、そんな多忙な芸能人で
病院に通うのは困難な場合は専門のカウンセリングにて
パニック障害を克服するという事例はよくみられます。


同じ芸能人では堂本剛さんや萩原流行さんなどは、
自宅で改善できるパニック障害などの方法を
用いて克服に至ったというケースもあるようですね。

⇒ 堂本剛さんがパニック障害を感知したケース 記事へ

いずれにせよ、パニック障害は放っておかずに
きちんと向き合って治療したいものです。


メイク決定版!無料アプリリリース
プロが教える動画付3分レッスン
ダウンロードはこちら
make.jpg
リリース3日でランキング8位獲得!!
ダウンロードはこちら

2012-11-18 | コメント(0) | 編集

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © テレビ番組のあれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。