So-net無料ブログ作成
検索選択

沢尻エリカ 窪塚洋介 「クソ!}と批判!

沢尻エリカと窪塚洋介は今度公開される映画ヘルタースケルターで共演しています。

今回トレンドキーワードで窪塚洋介が急上昇の理由は沢尻エリカとの共演の映画ではなく、週刊文春に対してのクレームについてらしいです。

どうやら週刊文春が沢尻エリカの大麻疑惑を掲載したことで、窪塚洋介が擁護している模様です。以下元ネタ掲載しておきますね。

沢尻の胸は小さい・・・
(以下引用)
俳優の窪塚洋介が週刊文春を「クソ」と批判しているのだと言う。2012年7月9日付の東京スポーツが「窪塚が危険な『沢尻擁護』」という記事で報じている。映画『ヘルタースケルター』(蜷川実花監督)で沢尻エリカと共演した窪塚が、文春に大麻疑惑を暴露された沢尻を擁護するようなツイートをしたのだ。

  「へルタースケルター公開阻止したい勢力がもがきゃもがくほど宣伝になる。気づかないんかなぁ、そういうことって色々あるよね。大事な時間の無駄使い、ずーっと馬鹿な浅はか◎」

  東スポに引用されているこの発言は、6月15日付で窪塚のアカウントである「@AMATORECORDZ」にツイートされた(すでに削除されている)。確かに、窪塚の、文春に対する敵意が上から目線かつ雑な言葉で語られている。筆者であれば、自分が書いたこんな文章が、ものすごいスピードで世の中に出回ると思っただけで、ゾッとしてしてしまうが……。

  スクリーンやテレビで観る俳優としての窪塚は、ほかの俳優にはない雰囲気が漂っており、筆者は大好きである。しかし、プライベートでの発言には、ロクなものがないので残念だ。いずれにせよ、「沢尻の大麻使用疑惑を最初に報じた週刊文春を、自身のツイッターで『クソ』と批判していた」と書いておきながら、「クソ」発言の元ネタである窪塚のツイートが引用されていないのは、どうしてでしょう、東スポさん?

  ところで、ツイッターをやらないほうがいいタイプの人がいる、と筆者は思う。第1に、感情的になりやすい人。他者のツイートや意見をガチで受け止めてしまうことが多く、ちょっとしたことで腹を立て、プチンと切れてしまう。第2は、さびしい人。ツイッターをやることで、なんとなく他者とのつながっていると思うのはいいが、つながりを求めすぎて過剰に依存してしまうタイプ。

  第3は、そのふたつにも共通し、ツイッターをやる上で致命的な、自分の発言をコントロールできない人。他者と直接話すのであれば、その場その時にいた人だけがその人の発言を聞いているので、本人が思ったことをそのまま発言しようが暴言を吐こうが、他者はフォローできるし聞き流すこともできる。だが、ツイッターでは、そうはいかない。

  いったんツイートしてしまうと、よい発言であれ悪い発言であれ、コピペされて世の中に出回ってしまう可能性がある。思ったことをそのまま述べると言っても、数少ない文字数で書かれた文章は、説明不足であることが多い。とりわけ、感情的になって書いた暴言や他者に対する攻撃的な文章は、そうなりがちだと言える。

  窪塚は、確実に「ツイッターをやらないほうがいいタイプの人」だと筆者は思う。フジテレビ批判で窮地に立たされた俳優の高岡蒼甫も同じ。ツイッターは、自分の発言が世の中に出回ることを前提にして書いたほうがよい。ちょっとしたツイートであっても、公開する前に「他者がこれを読んだらどう思うのか」という「第三者の目線」で読み直してほしい。

  窪塚や高岡のツイッターでの振る舞いを見ていると、ツイッターをやるのにも最低限のメディア・リテラシーは必要なんだなあ、とつくづく思う。
(谷川茂)(情報提供:夕刊ガジェット通信)
(引用「searchina」より)

沢尻のBカップは大きくなる?


メイク決定版!無料アプリリリース
プロが教える動画付3分レッスン
ダウンロードはこちら
make.jpg
リリース3日でランキング8位獲得!!
ダウンロードはこちら

2012-07-12 | コメント(0) | 編集

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © テレビ番組のあれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。